名 称     高松enjoy@ソフトボール連盟


  英語表記    Takamatsu enjoy@softball league     


■ 略 称     TSL


■ 所在地    香川県さぬき市


代表者    三谷 明弘


「高松enjoy@ソフトボール連盟」(TAKAMATSU ENJOY@SOFTBALL LEAGUE、略称:TSL)は、香川県高松市の
ソフトボールを活気づかせようと2003年秋に8チームの参加を得てスタートしました。
 現在(2015年5月)までに登録チームは60チームを超え、大会は会を重ねるごとに円熟味を増し、常に改革、改訂を
繰り返してより楽しみやすい、経費がかからない、参加しやすいをモットーに取り組んでまいりました。
 2007年からはファーストピッチの大会を開始し、さらなる向上を目指しています。
今後はAクラス、Bクラス制度の導入、ナイターリーグ構想など実現はなかなか困難ではありますが、一歩一歩
皆様の期待にこたえられるよう努力を重ねてまいります。
  「TSL」には、企業チームあり、同好会チームあり、市リーグでバリバリに活動するチームあり、さらには本年度から
幼稚園PTAチームも続々参戦表明と、個性豊かな顔触れがそろっています。各チームの選手たちも、会社の仕事との
両立に努力しながら、あるいは学校に通いながら日曜日のこの大会に優勝すべく日々練習に取り組み、ソフトボール界の
最高峰を目指してチャレンジしています。
 さまざまな人々がかかわり、いろいろなチームがしのぎを削るのがTSL。そこには、それぞれの“夢”“個性”“絆”があります。
ソフトボールを愛する香川県のプレーヤーが夢と希望と感動を実現できる舞台。
TSLは、そのようなリーグとなることを目指しています。